ひざ痛の治し方

膝の治療写真
お皿(膝蓋骨)周囲の押圧

ひざ痛の治し方

 

1)膝の痛みはどこから出ているか?

写真のように両手の親指の先でお皿の周囲を押圧しながら探っていきます。すると、押すと痛い(圧痛部)


があり、そこはシコリ(周囲に比べて少し硬い塊のような感じ)になっています。

 痛みを出すシコリは上下左右の四隅にできやすので、その部位をきめ細かく押圧しながら探ります。ここで注意しなければいけないのは、指先の力でグイグイ押さないことです。指先に力が入ると固くなりシコリがわかりずらいのです。シコリよりも指先のほうが固いと相対的にわかりません。

できるだけ指先の力を抜いて、体重をかけて押圧するのがコツです。それと、指先に神経を集中して意識(氣)を入れることです。

 この辺のコツはセミナーで勉強されるといいでしょう。

2)痛みを出しているシコリの循環を良くする

 痛みを出しているシコリかどうか、押圧してみて確認します。確認したらそのシコリの血液循環を良くするように独自の押圧を行います。血液循環を良くする押圧のやり方は、ただ単に押圧するだけではなく、「じわーと体重をかけて押圧し、ちょっと止めてから次の瞬間、パット圧を抜く」押圧をやります。このやり方が、血液循環を良くするやり方なのです。上手にできたら、みるみる痛みが軽減します。いくらやっても痛みが軽減しない場合は、やり方が間違っているのです。答えはすぐに出ます。

正しいやり方をすればすぐに痛みが取れ、即効性があるのです。

膝治療の写真
膝の押圧治療